課題研究

 課題研究では小屋組のように実際に体を動かし技能を身に着ける学習や、コンペティションのように自由な発想、構想から模型作りや図面を描くなど、自ら選択し一年間研究を行います。下記の内容は過去に行った課題研究内容の一部です。

小屋組

○○○技術

 実際に建物を建築することにより、日本古来の伝統工法である「在来軸組工法」について学ぶ。木造住宅の材料の墨付けから始まり、加工、仮組、建前、竣工、解体まで実際の現場施工と関連させながら、どのような順序・方法で施工していくのかを理解します。

Competition(コンペティション)

○○○技術

 大学や企業が主催するコンペ(Competition)に参加し、与えられた「テーマ」に対し、一人一人が試行錯誤を重ねて形を具体的にしていき、図面化や模型製作をすることにより、柔軟な発想力や表現力の向上を目的として取り組みます。

模型

○○○技術

 角材を使用し「2階建専用住宅」の製作を行うことで、図面を描く際に分かりにくい細部の構造を明確にすることを目的として取り組みます。且つ学校の模型標本になるよう「完成度の高い作品」作りを目指します。