実習内容2

プランニング(Planning)

○○○技術

 プランニングでは、住宅設計をする上で必要な工程の一つを学びます。住宅メーカーなどのチラシ等に載っている間取り(平面計画)は、どんな設計者もいきなり描き始めることはしません。様々な建築条件(構造、所用室、土地等)にあったアイディアを絵や文字で書き留めます。この工程を繰り返し行うことで、自分の住みたい住宅を設計できるようになります。

CAD(Computer Aided Design)

○○○技術

 CADでは、CAD(Computer Aided Design)を使用して、手描きで行っていた設計作業をコンピュータによって支援し、各図面の描き方を学び、描き上げの効率を高めます。3DCAD(3次元CAD)を用いて、立体図面も描くことができるようになります。

パース(Perspective)

○○○技術

 パースでは、建物を立体的な絵に描き上げる図法を学び、図面などではわかりにくい全体のイメージを表現します。未完成の住宅の完成予想図を描くことで空間のイメージがしやすくなり、自分の持っているイメージを相手に伝えることができるようになります。