実習内容

製図

○○○技術

 製図とは住宅などの立体的なものを平面の図面に表すための基本となる図法や製図の規約に沿い図面を描き上げることです。製図を描くための道具の使い方、線の描き方から始まり、学年が上がるごとに様々な図面を描くことが出来るようになります。

木造実習

○○○技術

 木造実習では各部材を所定の寸法・形状に削り・加工するために様々な道具や機械を使用します。安全な作業や適切な結果を得るためには、道具や機械を正しく扱う必要があります。木造実習では3年間を通して木工道具・機械の使用方法を学びます。

材料実習

○○○技術

 材料実習では代表的な建築材料である木材・骨材・セメント・コンクリートなどについていくつかの材料試験または材料実験を行うことによって建築材料の性質を学びます。実際にコンクリートを練り混ぜ、型枠に流し込み供試体を制作し、万能試験機という試験機を用いてコンクリートの強度を計測します。